S.O.C せいじ矯正歯科クリニック -SEIJI ORTHODONTIC CLINIC-

治療案内 -TREATMENT-

中高生~成人の矯正治療

中学生~高校生の矯正

永久歯がすべて生えてからの治療で、基本的には歯に直接装着するブラケットをつけて治療を行います。近年、いろいろな方法により、抜かないで治療できる場合も多くなりましたが、口元のバランスや機能的な事までも考慮すると、早期治療から開始した人と比べて、抜歯をして治療する可能性は高くなります。

状況にもよりますが、この時期までに矯正治療を行ったほうが、成人になって行うよりも良い場合が多いので、おすすめしております。

成人の方の矯正

矯正治療というと子どもの時にするもの、今さら矯正治療はできないとあきらめていらっしゃる方も多いのではないでしょうか?矯正治療はあごの骨の中で歯を移動させて治療を行います。

歯と骨は歯根膜という繊維で結ばれており、この歯根膜にワイヤーやゴムなどの力を作用させることで歯は移動します。つまり、健康な骨と歯と歯根膜が存在すれば、何歳になっても矯正治療は可能ということになります。

子供の時期の矯正治療との違い

  • 矯正力に対する組織の反応が遅いため、歯の移動には時間がかかることがある。
  • 顎の骨の位置を改善しなければならない症状の場合に、外科的矯正治療が必要になることがある。

大人の矯正治療の目的

大人の矯正治療の大きな目的のひとつとして、審美的な面での改善ということがあります。つまり、出っ歯や、受け口、八重歯など、外見を気にして治療を始められる方が多いということです。

子供の時期には、本人の希望よりも周囲の希望が優先されることが多く、せっかく成長期の良い時期に矯正治療を始めたとしても、治療の進み方が悪い場合があります。しかし、自分の意志で、美しい口元を目標に矯正治療に望む大人の矯正治療は、歯磨きや装置の手入れなどにも気を配ることができ、口腔内が良い状態で、効率的に治療が進むことも多いのです。

また、最近では大人の方の治療も多くなりましたが、顎関節症や歯周病または欠損歯などあったりするので、若年者の治療と比べると、歯の移動が遅かったり、移動に限界があったりするので、よく話し合って慎重に治療を進める必要があります。

歯並びが良くなることのメリット

大人の矯正治療を考える方には、小さい頃からのコンプレックスが矯正治療への決断につながる方も多いと思います。例えば、出っ歯、受け口、八重歯などです。いつもいつも口元を気にして生きてきた自分を変えられる矯正治療。口元を気にすることなく、おもいっきり笑えるということは、とても健康的なことですね。

大人の方の歯科疾患の多くは歯周病が占めています。歯並びやかみあわせが良くなることで、今までは歯ブラシが届かなかったところまで歯磨きができるようになり、予防や進行を止めることも期待できます。さらに、食べ物をよく噛んで食べるようになることで、消化や吸収を助け、内面からも健康になります。

歯ならびチェック(いずれかに該当する方はご相談ください)

  • 歯がでこぼこしている
  • 出っ歯である
  • うけ口である
  • 上下の前歯が接触しない
  • 噛んだ時に正面からみると下の前歯がほとんど見えない
  • 歯と歯の間に隙間がある
  • 唇が閉じにくい
  • 物を噛む時に下あごが横や前にずれる
  • あごが左右のどちらかに曲がっている
  • 先天的に永久歯がないところを隙間が空いた状態でそのまま放っておいたら隣の歯が動いてきた。
  • うけ口ではないが、一本以上、上と下の歯が反対で噛むところがある
  • 虫歯で無くなった歯があり、そのままにしている。

治療例(院長が治療したケースです)

叢生

  • 叢生01
  • 叢生02
  • 叢生03

上顎前突

  • 上顎前突01
  • 上顎前突02
  • 上顎前突03

反対咬合

  • 反対咬合01
  • 反対咬合02
  • 反対咬合03

上下顎前突

  • 上下顎前突01
  • 上下顎前突02
  • 上下顎前突03

口元を考慮した矯正治療

単純に歯がまっすぐきれいに並べば良いかというと、そうではなく、顔全体のバランスを考え、自然な口元にすることも治療目標に入ってきます。

治療例(院長が治療したケースです)

叢生を伴う上顎前突症

主訴:
出っ歯と口元の突出感を治したいと来院
治療方針:
出っ歯と叢生を治すために、上下の4番目の歯を4本抜歯して治療を行いました。
装置:
マルチブラケット装置、矯正用インプラント
  • 叢生を伴う上顎前突01before
  • 叢生を伴う上顎前突02抜歯後ブラケット装着
  • 叢生を伴う上顎前突03after
  • 叢生を伴う上顎前突04歯が前に出ているために口がとじづらい
  • 叢生を伴う上顎前突05出っ歯も治り口元もすっきりしました

※もちろん前歯だけを下げて終わりではなく、噛み合わせも考慮して治療を行っております。

※横顔(口元)が治療前後ですごく変化していますが、手術は行っておりません。矯正単独で治療を行いました。

部分矯正(MTM)

基本的には全顎の矯正治療をおすすめしますが、「ここだけ治したい」というご希望の患者さんや、「補綴前処置のための矯正」には、可能であれば、部分矯正治療にも対応させていただきます。

MTM(Minor Tooth Movement)とは

動かす歯を数本に限定して矯正治療を行う方法(部分矯正)です。通常の矯正では多数の歯を動かすため、治療には最低でも2~3年の歳月を必要とします。しかし、MTMと補綴処置(クラウン、ブリッジ、義歯、インプラントなど)を組み合わせれば、半年~1年程度で満足のいく結果が得られるのです。また、歯を抜く、削る、神経を取るというような「歯への侵襲」が最低限で済むという利点もあります。

特徴

自分の歯を出来るだけ残して、削ったり神経を取ったりすることを最小限に止めることができるMTMですが、この方法は全ての症例に有効な治療法ではありません。MTMは、補綴治療(クラウン、ブリッジ、義歯の治療など)やインプラント(人工歯根)治療を行う際に歯の位置や傾斜などの歯並びの一部を事前に修正する場合や、隙間があいている前歯を移動させたり、埋まっている歯を引っ張り出す場合などに有効な治療法です。

動かす歯を数本に絞り込みますので半年~1年という短期間で矯正を行うことが出来ます。また、年齢に関係なく施術することが出来ます。何より、本来であれば抜かなければならないような歯を最大限に生かして、出来るだけ永く使えるようにする点がMTMの大きな特徴です。

治療例(院長が治療したケースです)

上顎前歯部叢生

  • 上顎前歯部叢生01
  • 上顎前歯部叢生02上顎のみマルチブラケットで治療
  • 上顎前歯部叢生03短期間できれいに並びました

上顎前歯部正中離開(上顎両側2番3番先天欠如)

  • 上顎前歯部正中離開(上顎両側2番3番先天欠如)01すきっ歯が昔からコンプレックス
  • 上顎前歯部正中離開(上顎両側2番3番先天欠如)02上顎のみマルチブラケットで治療
  • 上顎前歯部正中離開(上顎両側2番3番先天欠如)03ブリッジを装着して終了

下顎右側7番埋伏歯(下顎右側8番抜歯後牽引)

  • 下顎右側7番埋伏歯(下顎右側8番抜歯後牽引)017番開窓後リンガルアーチで引っぱり
  • 下顎右側7番埋伏歯(下顎右側8番抜歯後牽引)02ワイヤーで歯を起こし
  • 下顎右側7番埋伏歯(下顎右側8番抜歯後牽引)03ちゃんと噛めるようになりました
  • 下顎右側7番埋伏歯(下顎右側8番抜歯後牽引)047番の上に8番が覆いかぶさっています
  • 下顎右側7番埋伏歯(下顎右側8番抜歯後牽引)05右下8番を抜歯して7番を起こします
  • 下顎右側7番埋伏歯(下顎右側8番抜歯後牽引)06まっすぐに起きました

下顎右側5番埋伏歯

  • 下顎右側5番埋伏歯01右下5番開窓後牽引開始
  • 下顎右側5番埋伏歯02徐々に5番が見えてきました
  • 下顎右側5番埋伏歯0345歳でやっと5番が出てきました

下顎左側5番舌側転位(下顎左側6,7番欠損)

  • 下顎左側5番舌側転位(下顎左側6,7番欠損)01舌側に傾斜しており上の歯とも噛めません
  • 下顎左側5番舌側転位(下顎左側6,7番欠損)02徐々に動いてきました
  • 下顎左側5番舌側転位(下顎左側6,7番欠損)03左下5番はきれいに並び、入歯も装着可能

※矯正後に補綴処置(クラウン、ブリッジ、義歯、インプラントなど)が必要な方は、かかりつけの一般の歯科医院さんで治療を行っていただきます。